<< 『海は見えるか』40 | main | 『海は見えるか』42 >>

スポンサーサイト

  • 2017.05.04 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


『海は見えるか』41

JUGEMテーマ:小説/詩


 創造的復興――という言葉が、比較的早時期から、被災地の行政関係者の口からこぼれていたそうです。
 大抵は国や県庁関係者という被災地からやや距離のある役人や、評論家の発言が多かった。
 そもそも復興の定義もできないくせに、「創造的復興」とは、正直お笑い草だった。
 
 だが、この言葉を最初に使われたのは、東日本大震災の時ではない。
 1995年阪神淡路大震災の時にも、ある時突然「創造的復興」という言葉が登場した。具体的には、神戸を医療産業都市にしようという試みで、1000億円以上の予算をかけて、ポートアイランドに医療の中核施設を集中させました。
 しかし、果たしてそれが神戸の創造的復興なるものをもたらしたと言えば、首を傾げる人は少なくありません。
 
 そして、東日本大震災で囁かれ始めた「創造的復興」も再び医療の先端施設を建設し、日本の医療をリードしようという構想でした。
 

スポンサーサイト

  • 2017.05.04 Thursday
  • -
  • 17:13
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM