<< 新連載「ザ・メディア」始まる | main | 百九番目の除夜の鐘 >>

スポンサーサイト

  • 2018.01.18 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「内定ブルー」

 お呼びがかかってNHKのクローズアップ現代で「内定ブルー」という番組(10/16オンエア)に生出演させていただいた。
 なぜ、真山が?!というのは、私自身が謎なのだが、番組のスタッフとお話をしていて一つ強く感じたことがあった。

 “なぜ、企業は、新卒採用の際、学生しか採らないのか”という点だ。聞けば、超売り手市場の今、企業によっては倍の内定者を出すのだという。辞退者が後を絶たないからだ。

 人というのは皮肉なもので、ちやほやされると甘えてしまう。その結果、会社に入ってからも「就職活動時代に、あんなに内定をくれたのだから」と離職率が高くなっていく。
 しかし、そういう新人崩れを、企業はもう採用しない。
 
 逆に企業側も、採用者の半分は辞めるかも知れないと思って採っているというところもあるとも聞く。

 だが、就職とは、人生にとって重要な選択であり、企業にとっても新社会人にとっても、間違いは少ない方がいい。ならば、学生諸君がもっとハングリーさを剥き出しにするためにも、就職氷河期で新卒採用されず、非正規雇用で頑張っている人たちも同時に採用するなどの智恵を企業には絞って欲しい。

 これは、私自身の体験だが、地獄を見た人間は強い。
 新卒らしい素直な初々しさは欠けるかも知れない。だが、企業が求める若き人材に必要なのは、それだけなのだろうか。

 そんなことが気になる番組だった。

スポンサーサイト

  • 2018.01.18 Thursday
  • -
  • 01:20
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
初めまして、たった今「マグマ」を読み終えました。
ハゲタカ1と2は何度読み直したことか…

買収するドラマと、買収された企業のドラマと、立場の異なる切り口の中にも、やはり真山ワールドですね。
登場人物の“情熱”に、私は毎回涙しております。

今回コメントさせて頂いたのは、新卒というブランドの強さを痛感したからです。
私は2006年に大学を卒業し、現在フリーターです。しかし、2010年から所謂大手企業に新卒の枠で入社することになりました者です。
長くなるので、まとめます。
大不況を迎え、企業側は、窓口を広げてきつつあるなと感じました。
内定辞退する人もいる中で、少しでも良い人材を確保しようという意志です。

確かにとても厳しい就職活動でしたが、私の様なフリーターにとっては、実は、この不況は追い風だったのではないかと思う所存です。
  • JAP1984
  • 2009/08/31 10:47 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM