<< 今年のキーワードは「3K] | main | 『獄門島』礼讃! >>

スポンサーサイト

  • 2018.01.18 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ハゲタカ第3弾「レッドゾーン」連載開始!

大変お待たせしました。
ハゲタカシリーズ第3弾が、いよいよ始動しました。
今回は、初の月刊文芸誌での連載。
本日発売の「小説現代3月号」にてスタートしました。
第3弾のタイトルは「レッドゾーン」。
いくつもの意味と想いを込め、登場人物が今まで以上の試練と苦難と闘いながら、再び混沌とし始めた日本社会の中をどう生きるべきかを模索していきます。

また本作では、日本にとって近くて遠い中国へと舞台を広げ、いよいよ佳境を迎える小説『ベイジン2008年』(週刊東洋経済連載中)とは別の角度から、赤い大国の素顔にも迫りたいと思っております。

もちろん、あの謎の解明という「お約束」も果たせたらと心に期し、私自身のレッドゾーンに挑みたいと思っています。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

JUGEMテーマ:小説/詩



スポンサーサイト

  • 2018.01.18 Thursday
  • -
  • 19:45
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
真山さん、こんにちは
経済小説のファンで真山さんの作品も読んでおります。
今、真山さんの虎視耽々を開くと鷲津が復活されるということで新書版が本当に楽しみに待たしていただきます。
今度は中国で活動されるということでどんな活躍されるのかわくわくしています。

  • まつ
  • 2008/03/09 1:51 PM
未だドラマ版「ハゲタカ」仲間と遊んでおります(笑)
本日東京倶楽部にてハゲタカオリジナルカクテルの審査会に出席、選定して参りました。
3/3よりオーダー可能と言うことです。
鷲津がどんなイメージのカクテルとなったかは飲んでからのお楽しみ!
さっそく『小説現代』を読みました。一挙に5本も上げた新連載の中では、真山先生のが一番面白かったです。
舞台はあまりにも大きいです。マカオからスタートして、日本や中国、アメリカも出ており、よくここまで世界を描け手いると関心しました。
『週刊東洋経済』で連載している小説には、「紅陽核電」という企業名がありましたが、今の中国人ならすぐ40年前の文革を連想してしまう名称であり、中国の東北地方にはそのような地名があったかもしれません。中国の原子力発電所の名称は、ほぼ地名から取ります。これからいろいろ連想させるような企業名もつけるのではないかと思われます。
次号の『小説現代』を楽しみにしております。
  • たけお
  • 2008/02/29 7:39 PM
ついに!!!!待ちに待った連載開始で、とても嬉しいです。イラストも素敵ですね。毎月、楽しみにしてます。
  • ジャスミン
  • 2008/02/25 1:37 PM
『レッドゾーン』第1回、さっそく読ませていただきました。
月1回の連載は、書き下ろしとはまた違った大変さがあると思いますが、毎月必ず読ませていただきます。
鷲津の活躍だけでなく、試練も苦悩も一緒に伴走しながら読んでいきたいと思いますので、執筆がんばってくださいね。
  • a-sakura
  • 2008/02/25 1:04 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM